商品詳細

ハンスヘルツォグエステート 2018 サぺラヴィHans Herzog 2018 Saperavi

限定品

¥ 15,000(税込 ¥ 16,500)

サペラヴィはジョージア国では主流に育てられている黒ブドウ品種ですが、ニュージーランド(NZ)で、サペラヴィは、今だ非常に珍しい品種です。このサペラヴィが植えられている区画の土壌は、石や砂の堆積する畑で、砂は粘土質も含みます。

8年目の樹齢で、手で摘まれたサペラヴィの収量は少なく約500g p/v で、通常の発酵後、独占輸入のスイス産の新樽に20ヶ月間の樽熟成。ハンスが醸す、ほぼ大半の赤ワインは樽での乳酸発酵を自然に促します。無清澄・無濾過での瓶詰めが2020年5月15日、その一ヶ月後に日本への輸入の段取りが始まりました。

ハンスの希望としては、輸出まで瓶の中で2年間はワイナリーで静かに寝かせておきたかったようですが、当SHUNABEの日本への輸送状態と自社保管倉庫の状態がマルボロにあるハンス自身のワイナリーの状態とほぼ同様の為、信用して日本へ限定20本を、瓶詰め後すぐに振り分けてくれました。

2020年7月下旬の東京港への輸入でしたので、現地NZからの海上輸送は15℃のリーファーコンテナ使用。保税倉庫温度14℃。保税倉庫から当SHUNABEの保管倉庫まで保冷12トン車の温度12℃での陸輸。当SHUNABEの倉庫(年間平均12℃~13℃・湿度年間平均65%~75%)にて保管しております。

日本への輸入時、食品監視課への審査される、亜硫酸塩の含有量
Total Sulphur Dioxide 17mg/L
Free Sulphur Dioxide 15mg/L

注意)このワインは 『出てるワイン』(おそらくこのワインの出方は4割程)の中に入るワインです。葡萄の出来具合でも左右はされると思いますが、樽での熟成時に、一番重要である一番上がった所『出た所』(マロ発酵ピーク時なのか、完全マロ発酵なのかは不明)で樽開けができている、数少ないワインとなります。あの名だたるワイン達の生産者のみぞ知る、絶妙なタイミングでのあの瓶詰め、艶めかしく、妖艶で、セクシー感があります。この様なワインになると、保存状態と飲む時の状態が一番重要になります。ハンスが意図的に瓶詰めできたのか?それともで『出来ちゃったワイン?』なのかは、今度会った時に聞く事とします、、、、、

商品コード NZHA-92
原産地 マルボロ ニュージーランド Marlborough New Zealand
種類 赤ワイン Red Wine
品種 2018 サぺラヴィ100%
2018 Saperavi 100%
味わい フルボディー Fully Bodied
栓種別 コルク栓 Cork
アルコール度数 14%
飲み頃温度 17~18度
容量 750ml
ボトルタイプ A いかり型
数量

PAGE TOP