商品詳細

ユリカエステート 2017 99ロウズ ピノ・ノアール Julicher Estate 2017 99 Rows Pinot Noir

新商品

¥ 4,800(税込 ¥ 5,280)

ピノ ノアール クローン 5 . 6 . 114 . 115 . 667 . 777 & Abel を使用。
フランス産の樽熟成10ヶ月。新樽比率25%。

手摘みで収穫され、実は茎から離され、葡萄の実だけをタンクへ。大体15℃前後で、4〜5日をかけ、イーストが働くまでソワソワと気が気でない数日を過ごした後、発酵が始まります。発酵が始まるとタンクの表面の乾いてしまう皮を櫂で押し下げる作業を、1日だいたい2〜4回繰り返し、醗酵が終わる3週間後くらいに、フランス産の樽へ。リンゴ酸が乳酸にほぼ変わった12ヶ月後に、各々ブレンドし、フィルターは8℃程まで下げておりますので、おそらく酒石は出にくいでしょう!!

2022年7月21日 現在の棟梁テイスティングコメント。
こちらのワインが当社倉庫へ到着し8日後、色々なグラスで試飲をしましたが、愚生は木村ガラス店様の『グラナダ32ozブルゴーニュ』で飲むのが最適だと思いました。こちらのグラスを使って、師匠方にブラインドテイスティングしてもらったら、ちょっとニュージーランド産とは答えないかも?アノ御フランスの感じに間違えてしまう様な、そんな雰囲気が今は出ております。砂利質の土壌ですので、涼しげな印象はありますが、愚生の知る限りではこの辺の畑は表面が粘土質も薄く広がっている場所もあり、そのコンプレキシティー感をかんじざるを得ません!! 

収穫日:2017年4月1~19日
収穫時:糖度 20.5~22.5°ph 3.35~3.50 TA(滴定酸) 7.6~10.1

ワイナリーの分析データ
ALC.12.5 %
pH 3.72
TA 5.32g/L
Residual Sugar >1g/L

瓶詰め日:2019年1月10日

外国公的検査期間(NZ20039)からのデータは、EU企画ではなく、日本用に亜硫酸塩だけ表示致します。
Total Sulphur Dioxide 41mg/L

2022年7月13日に輸入引き取りをしてきました。
現地タウランガ港から東京港へ15℃の定温コンテナを使用。保税倉庫温度14℃。
国内引き取り時のトラック輸送時の温度は12.9℃。
当社SHUNABEの倉庫にて温度12℃〜13℃、湿度年間平均65%にて保管しております。

商品コード NZJU-106
原産地 ニュージーランド マーティンボロー Martinborough New Zealand
種類 赤ワイン Red Wine
品種 ピノ ノアール 100%
Pinot Noir 100%
味わい ミディアムボディ MediumBody
栓種別 スクリューキャップ Screw Cap
アルコール度数 12.5%
飲み頃温度 16 ℃~18℃
容量 750ml
ボトルタイプ Aなで肩
数量

PAGE TOP